トップページ > 芽ぐみ米

芽ぐみ米メニュー芽ぐみ米メニュー




「芽ぐみ米ってなに?」そんな疑問にお答えします。芽ぐみ米の不思議をご紹介です。



「芽ぐみ米」は栄養素を最大限に残した今までにないお米です。

芽ぐみ米(特殊三分搗き米)は、特許製法によりお米の周囲の硬い果皮を取り除き、胚芽や糊粉層にある健康に有益な成分を最大限に残しました。

 


「芽ぐみ米」のこだわり!

芽ぐみ米(特殊三分搗き米)は、特許技術により一粒一粒丁寧に精米しているため、白米と比べて低温精米でじっくりと時間をかけて仕上げています。
玄米の硬い果皮を均一に取り除くことで、食べやすさと食感のよいお米になります。そして、胚芽や糊粉層にある栄養成分を最大限に残しました。
また、白米と同じように炊飯するだけで、簡単に天然ギャバが摂取できるのが一番の特徴!
毎日食べても飽きのこない、白米に変わる新しい主食としておすすめしています。
食べ応えもあり、冷めてもおいしい、癖になる美味しさです!

芽ぐみ米(特殊三分搗き米)の構造

玄米の果皮部分を均一に取り除き、栄養の豊富な「糊粉層」と「胚芽」を残しています。

果皮部分は食べにくいので、それを取り除くことで、のどごしのよい、食べやすく、栄養豊富なお米「芽ぐみ米(特殊三分搗き米)」になります。
胚芽は、水に浸けると発芽しはじめ、脳やストレスにも良いと言われているギャバも豊富にとることができます!







特殊三分搗き米は、玄米から果皮を取り除いたもので、胚芽と糊粉層を残した栄養豊富なお米です。味覚にも優れた「芽ぐみ米」で毎日のごはんを白米から変え、『健康生活』はじめませんか?



芽ぐみ米(特殊三分搗き米)の研究

【1.生活習慣病に与える影響(動物試験)】

ラットによる研究を実施し、生活習慣病の優位性が実証され、ノートルダム清心女子大学の菊永茂司教授グループの研究結果をまとめた論文が日本ビタミン学会、日本栄養・食糧学会に受理され、学会誌「Journal of Nutritional Science and Vitaminology(JNSV)」に掲載されました。JNSV vol.53(2007),No5 P400〜409

【2.生活習慣病に与える影響(臨床試験)】

倫理委員会を経て、生活習慣病(高血糖・高血圧・高脂血症・肥満)の抑制効果の研究調査のため、人による臨床試験を実施し、血圧について数値改善が見られており、今後学会発表を予定しています。(ノートルダム清心女子大学 菊永茂司教授グループ)

【3.便秘に与える影響(臨床試験)】

ノートルダム清心女子大学の菊永茂司教授グループが、平成20年度 岡山県科学技術振興事業「機能性食品関連研究」分野において、研究成果を発表しました。
残便感は摂取1週間後から有意に改善され、腹部の膨満感も摂取1週間後から有意に改善されたと発表されました。



社員食堂に導入した結果!

社員食堂で芽ぐみ米を食べていただいた5年間の記録です。

白米では、年次を追って血糖値の平均値が105.9、112.3、108.6、126.4、124.1増加しています。その結果、約半数の人が血糖値126以上であり、糖尿病が懸念される高水準に達しています。 「芽ぐみ米」では、101.0、94.7、97.2、100.2、100.4で5年間に渡り横ばい安定しています。 この結果から、社員食堂での昼食時のみだけでも芽ぐみ米は血糖値の正常維持にきわめて効果的に作用しているといえます。

・調査社員食堂
・対象者
・比較人数
・調査時期
・芽ぐみ米開始

みのる産業株式会社
男性40歳以上 86名
芽ぐみ米・43名  白米・43名
毎年9月実施の健康診断
平成14年初夏より(昼食時1回)












芽ぐみ米には栄養がたくさん!

☆ビタミンB1
一般的に糖質をエネルギーに変えるために欠かせないビタミンB1。いらいらや疲れに良いと言われています。

☆ビタミンE
一般的に若返りのビタミンEといわれ老化を防いだり血行を良くすると言われています。

☆カリウム
一般的に高血圧に良いと言われています。また、神経や筋肉の機能を正常に保つのに役立つと言われています。

☆食物繊維
一般的に便秘、大腸がん、高コレステロール血症に良いと言われています。

☆ナトリウム
体内水分の調節や神経系・筋肉系を働かせるために重要であると言われています。

☆マグネシウム
神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されると言われています。

☆ギャバ
脳内の血流を活発にし、脳細胞の代謝機能を高め、血圧を下げたり、中世脂肪を抑える働きがあると言われています。

生きているお米『芽ぐみ米』だから、とっても簡単で、おいしい!



芽ぐみ米は、食べやすく、おいしいだけじゃない!生きているお米だから、炊飯方法もとっても簡単です。

白米と同じように炊飯するだけ!水の量もお好みですが、白米と同じ。やわらかめがお好きな方は、少し多めに水をいれていただくといいでしょう。

水に漬けて、炊飯することで簡単に発芽状態になるので、話題のギャバも手軽にとることができます。

栄養豊富な芽ぐみ米は、簡単でおいしいお米です。
テンシプレッサーによる食感検査結果も是非ご覧ください。→こちらから